製品情報

一覧に戻る

垂直法燃焼性試験機
Flammability Tester (Vertical Method)

型式

VFT-200

規格

JIS L1091A-4法
ASTM D-6545、D-6413
GB/T 5455-1997

用途・特長

本器は寝衣類等の繊維製品の難燃性能を評価する試験機で、垂直に取り付けた試験片の下部に炎長38mmの炎を接炎させ、織物の難燃性能を評価します。
<ASTM D6545 Method> 
垂直方向に25°傾けて取り付けられたバーナーにて試験片を加熱燃焼させ,加熱燃焼後、試験片を取り出して「炭化長さ」を測定し、それをもって試験片の防炎性能を評価します。
<ASTM D6418 Method>
垂直バーナーにて12秒間接炎させ、火源を取り去ってすぐに「残炎時間」「残じん時間」をタイマーにて計測し、併せて残じん終了後の「炭化長さ」を測定して素材や製品の垂直燃焼を評価します。

備考

【付属品】
*試料枠・・・・・・・・・・・・ 1組
*分銅(フック状針金付)・ ・ 2セット
*炎長設定用スタンド/同スケール・1式
*燃焼室受皿・・・・・・・・・・・1枚

製品拡大写真
装置外観
製品写真    

資料請求

仕様

 VFT-200
燃焼室材質ステンレス 内室背面:黒色塗装仕上
燃焼室の大きさ(mm)330(W)×330(D)×762(H)
試験ガス圧17.2kPa±1.7kPa
圧力調節器圧力制御バルブ 一次側ガス圧:700kPa以下
ガス圧力計デジタル指示 範囲:~100kPa
バーナー炎長38mm
ガス流量制御バルブ精密ニードルバルブ
ガス点火方式押ボタンスパーク点火
バーナー接炎機構自動スライド駆動
バーナー停止位置任意設定(LCD-㎜単位)
バーナーの種類(2種類)口径11Φmm(角度:25度) 口径9.5Φmm(垂直取付)
計測タイマー赤色LED表示 (残炎時間・残じん時間)
試験片取付枠U字形2枚合せ
本機外形寸法(約)600(W)×350(D)×880(H)mm
電源AC 100V or 200V or 220V