製品情報

一覧に戻る

単繊維引張試験機(二連式)
Tensile Tester for Staple Fiber ( Double-type)

型式

NSF-200

規格

JIS L-1015, ISO 5079

用途・特長

ステーブル・ファイバーの引張強さ及び伸び率を求める定速伸張形引張試験機で、数多い試料を効率よく処理することを主眼に設計された装置です。
左右2本の駆動軸を交互に稼働させ、片方が測定駆動中にもう一方の停止中のチャックに試料を取付け、連続して測定が出来るのが大きな特徴です。
測定には下記に示す2つの測定モードが組み込まれています。
①「破断時の荷重と伸び率の表示」
  設定した破断検出値、又はそれを超えた瞬間の引張荷重(cN)と伸び率(%)の測定
②「最大引張荷重と伸び率の表示」
  破断する迄引張り、それ迄の最大引張荷重(cN)と伸び率(%)の測定

測定結果及び統計データーはプリンターに印字されると共に、パソコンを接続することにより測定中の引張強さ(cN/dtex)・伸び率(%)のグラフが描画できます。
データー表示エリアには「1―100回」までの結果データーが、統計データーエリアには指定回数までの結果統計データーが表示されます。

備考

【装置構成】
 ・引張駆動装置
  ・コントロールボックス(液晶表示部)
 ・プリンター
 ・PCソフト(windows可) 
【附属品】
 ・校正分銅:1個
  (100cN=101,970g±1 mg)
 ・プリンター用紙:5巻(紙巾:112mm)
 ・ノートパソコン(オプション)

仕様

 NSF-200
制御方式マイコン制御による自動計測、USBによるデーターの転送
データー出力112㎜巾感熱プリンター印字とパソコンへのCSVファイル出力
荷重レンジ最大荷重588cNのロードセル使用
初荷重0〰9.9cN
荷重測定精度1/5000以内、最小読み取り:0.1cN
荷重表示□□□.□cN 実荷重4桁表示
伸び率範囲試料長さの200%
伸び率表示□□□.□% 4桁表示
引張速度5〰40㎜/min(常用:20㎜/min)
復帰速度240㎜/min(自動復帰方式)
チャック間隔10〰40㎜(常用:20㎜)
条件設定方式液晶パネル上にてキー操作・数字入力
データー表示液晶パネル上に英数字表示
伸び率グラフY軸=引張強さ(cN/dtex)(10,20切替)、X軸=伸び率(%)(100,200%切替)