製品情報

一覧に戻る

摩擦・アイロン染色堅牢度試験機
Leather Iron Rubbing Tester

型式

HLD-150

規格

ISO 11640, IUF 458

用途・特長

本機は2種類の皮革の染色堅牢度試験を可能とする試験機となっています。一つは皮革とフェルトをこすり合わせてその色移りを判定するもので、もう一つは金属の摩擦子に熱を加え20℃毎にその色の変化を評価する試験を1台で行うことが可能となっております。それぞれの試験方法で規定されているように試験片を20%引き伸ばすための機構も搭載しています。ただし、2つの試験を同時に行うことはできません。

備考

【付属品】
・ウールフェルト(15×15mm)・・・100個

製品拡大写真
製品写真    

資料請求

仕様

 HLD-150
試験片掛数摩擦:1点,アイロン:1点 ※同時に試験できません。
チャック幅70mm
摩擦子形状 (摩擦)15×15mmのフェルト装着可能
摩擦子形状 (アイロン)10×10mmの熱板
摩擦子重量 (摩擦・アイロン共に)500g±25g
アイロン温度範囲常温~250℃
追加荷重分銅500g±10g
摩擦台往復距離35mm
試料伸張可能距離(試料長の) 20%
往復速度5~80rpm (インバーター制御)
試験回数任意設定 (6桁カウンター)
外形寸法(約)340(W)×440(D)×350(H)
電源AC100V or 220V