製品情報

一覧に戻る

ユニフォーム形摩耗試験機
Uniform Abrasion Tester

型式

SAT-310A

規格

JIS L-1096
ASTM D-1175

用途・特長

本機はJIS L-1096「ユニホーム形試験機を用いる方法に規定されている摩耗強さ測定の試験機で、摩擦子と試料ホルダーが25,4㎜の偏芯をもって同方向に回転し、回転数のわずかな差により試験片表面を摩擦します。
試験片には、一定引張荷重にてテンションを掛けながら摩擦挙動を与え、伸びのあるニット製品のような摩耗強度の評価などに使用されます。

備考

【付属品】
*摩擦子スチールブレード・・・・・1式
*エメリーペーパーホルダー・・・・1式
*試験台・・・・・・・・・・・・・1式
*押圧荷重分銅・・・ ・・・・・ 各1個
*引張荷重分銅・・・・・・・・・各1個
*工具類・・・・・・・・・・・・・1式
*工具箱(木箱)・・・・・・・・・1箱

製品拡大写真
製品写真    

資料請求

仕様

 SAT-310A
試験片と摩擦子の接触面積約20㎠
摩擦子の押し圧荷重2.27Kg及び、4.54Kg
引っ張り荷重1.13Kg及び、2.26Kg
試料ホルダーの回転速度62.5 rpm, 250 rpm
摩擦子の回転速度59.5 rpm, 238 rpm
電源AC100V 50/60Hz
外形寸法約W300×D630×H560㎜