製品情報

一覧に戻る

ピンオンディスク摩耗試験機
Pin-On-Disk Abrasion Tester

型式

RD-100M, RD-100A

規格

JIS K7218

用途・特長

本機は、プラスチックの滑り摩耗試験方法(JIS K7218)のB法に該当する装置で、主にプラスチック材料の相手材料に対する滑り摩耗特性の評価に用いられます。
回転する金属円板(相手材料)に棒状のサンプルを一定荷重で押しつけた状態で、規定距離だけ摩耗試験を行います。試験前後のサンプルの質量変化、寸法変化から、摩耗量、非摩耗量を算出し、これをもってサンプルの摩耗特性を評価します。
RD-100AはPCに接続することにより、リアルタイムの摩擦力のグラフを描画することが可能となっており、そのデータを設定の取得間隔で採取して保存します。
サンプル及び相手素材を交換することで幅広い素材の摩耗特性評価に活用することもできます。

仕様

 RD-100MRD-100A
サンプル寸法φ5×30㎜ または □4.43×30mmφ5×30㎜ または □4.43×30mm
相手材料(金属円板)材質S45C(表面粗さ:0.8μmRa)S45C(表面粗さ:0.8μmRa)
相手材料(金属円板)寸法外径300×厚さ3mm外径300×厚さ3mm
摩擦力測定範囲なし~98N(最少表示:0.01N)
試験荷重10N,40N,70N,100N10N,40N,70N,100N
摩擦速度800±40mm/sec(固定)10~950mm/sec(任意設定)
摩擦距離1~9999m(任意設定)1~9999m(任意設定)
摩擦位置半径102±0.5㎜(回転円板の中心から)半径102±0.5㎜(回転円板の中心から)
電源AC100/200 50/60HzAC100/200 50/60Hz
外形寸法(本体)約 350(W)×510(D)×450(H)㎜約 350(W)×510(D)×450(H)㎜