製品情報

一覧に戻る

自動バイレック法吸水試験機
Automatic Water Absorption Speed Tester

型式

PW-5P-AT2

規格

JIS L 1907、JIS P 8141 ;ZB W 04019-90

用途・特長

本機は「石川県工業試験場」のご指導により完成した吸水速度試験機で、繊維布地をはじめ、紙類・ろ紙など薄いサンプル(試験片厚さが約3㎜)の吸水性を評価する装置です。
試験片を長手方向に垂直に垂らし、その他端を水中に浸した状態で放置し、毛細管現象による水の立ち上がり距離と時間を同時計測して吸水速度を評価します。
測定モードの切り替えにより下記の2種類の測定法が出来ます。
①〈ノーマルモード〉
一定時間内(通常10分)の吸水上昇距離の自動測定(試験片5点同時測定)
②〈リアルタイムモード〉
時間経過に対応させて吸水上昇距離をリアルタイムに読み取り、プリンターにグラフを描かせる自動測定(試験片1点)

備考

プリンター・・・・・・・・・1台
プリンター出力ケーブル・・・1本
感熱記録紙(幅110㎜)・・・ 3巻
沈降おもり・・・・・・・・・5個
取扱説明書・・・・・・・・・1部

製品拡大写真
装置外観
製品写真    

資料請求

仕様

 PW-5P-AT2
試験片寸法幅25㎜×長さ400㎜ 厚さ3㎜(MAX.)
試験片掛数ノーマルモード(5点)、リアルタイムモード(1点)
吸上距離測定範囲5~200㎜
最小読取値1㎜
計測時間設定30~999秒
駆動方式パルスモーター、ボールネジ
湿潤検知方法平行2極センサー
0点位置決めU型フォトセンサー
ディスプレイLCD表示(4行)
出力装置RS232C対応プリンター
電源AC100V 50/60Hz
外形寸法(約)幅480×奥行200×高さ560㎜