製品情報

一覧に戻る

熱収縮・応力測定装置
Thermal Shrinkage-Force Tester

型式

TS-10FA

規格

ASTM D4974-01、D5591-02

用途・特長

この装置は、糸やコード類が加熱空気中に曝された時に、熱によって生じる収縮率及び収縮応力を連続的に測定する装置で、主にナイロンやポリエステル、使用する熱により損傷を受けないポリマーにて製造される糸やコード類に適応する試験機です。
試料を上下熱板にて囲まれた高温雰囲気室内に挿入すると、挿入時間経過に伴う熱収縮量、熱応力変化を逐一捉えプリントアウトします。また、PCを接続することで、時間軸に対応した収縮率及び熱応力変化グラフはリアルタイムに取り出せます。

備考

<付属品>
*熱収縮率測定架台・・・・・・・1式
*熱応力測定架・・・・・・・・・1式
*荷重分銅(10,13.5,20,40,60g)・ 3種類(指定乞う)
*プリンター用紙・・・・・・・・5巻
*パソコンはオプションにさせて頂いております。

製品拡大写真
装置外観
製品写真    

資料請求

仕様

 TS-10FA
サンプル採取長(約)360㎜
基準測定長250㎜
収縮率指示範囲0~50.0%(基準長250㎜)(最小表示0.1%)
熱応力指示範囲0~99.99N(最小表示:0.01N)
加熱室温度範囲50~250℃(制御精度:±0.3℃)
加熱室大きさ幅315×奥行157㎜、隙間8㎜
上下加熱板寸法幅250㎜×奥行100㎜
ロータリーエンコーダ(収縮率測定)分解能(~2000パルス/回転)、起動トルク(0.98mN・m以下)
ロードセル(熱応力測定)定格容量(98.1N)、総合誤差(0.05% of R.O.)
データ採取間隔(基本形)開始~5分・・・5秒毎 5分~・・・・・5分毎(Max.3600秒)