製品情報

一覧に戻る

検撚機
Twist Counter

型式

M-1, MM-20

規格

JIS L-1095
ISO 17202:2001
ASTM D-1422:99

用途・特長

本機は、糸の末端荷重方式で、荷重側クランプが支点上に揺動する“ペンジュラム形検ねん機”と呼ばれるもので、各種織物原糸の「より数」「より縮み率」を測定するものです。
切替ギャーの操作により、「Sより」あるいは「Zより」の糸に対しても、同方向回転にて操作ができ、より数の表示は前面に見やすい回転計数器が取り付いています。
電動タイプ(MM-20)には、「足踏ペタルスイッチ」が付属されていますので、椅子に座って糸の解ねん状況等を観察することができるので、非常に効率的に作業ができます。

備考

【付属品】
初荷重分銅・・・・・・・・・・・・・・・・1組(6個)
レンズ付レールスタンド・・・・・・・・・1組
足踏スイッチ(型式:MM-20)・・・1式

製品拡大写真
製品写真    

資料請求

仕様

 M-1MM-20
駆動方式手動電動
試料糸長25~500mm25~500mm
初荷重重錘可載式(1g~20g)重錘可載式(1g~20g)
伸度目盛±10mm(最小読取:1mm)±10mm(最小読取:1mm)
より数測定4桁カウンター4桁カウンター
拡大装置レンズ付レールスタンドレンズ付レールスタンド
本機寸法(約)860(W)×150(D)×300(H)mm860(W)×150(D)×300(H)mm
重量(約)20kg30kg