製品情報

一覧に戻る

織物収縮度試験機(浸セキ法)
Textile Shrinkage Percentage Tester (Dip Method)

型式

SP-1E

規格

JIS L-1096(織物寸法変化) 、L-1098(毛布・収縮率)

用途・特長

本機は、織物の寸法変化測定に用いられる処理法の一つ“浸セキ処理法”に適応する恒温槽です。
槽内には電気ヒーター及び攪拌羽根が組み込まれており、槽内液温が均一に保持します。
寸法30×30㎝(最大)の12枚の試料が収納できる網板が付属しており、一度に12点の試料が処理できます。
標準付属品として、シュリンクマーカー(20㎝)と耐洗剤用不滅印肉(赤色)が準備されております。

備考

【標準付属品】
試料棚(1)
網板(12)
シュリンクマーカー(1)
不滅印肉(1)
*シュリンクマーカーは、別途 [10 ㎝][15 ㎝][25 ㎝][30 ㎝] も取り揃えております。
*不滅印肉は、別途 [黒色] も取り揃えております。

製品拡大写真
製品写真    

資料請求

仕様

 SP-1E
試験片300×300㎜(最大)
試料枠網板12枚収納(網板:ステンレス製パンチング穴板)
試料枠/槽内材質ステンレス-304
加熱ヒーターシーズヒーター( 1 KW)
攪拌モーター    65 W
温度調節器デジタル指示(調節精度:±1℃)
電源AC 100V  
外形寸法(約)460(W)×460(D)×720(H)㎜
重量(約)50 ㎏